激安充電ケーブルは要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの充電ケーブルって、案外壊れやすいですよね。

 

新しく買い替えようと調べてみると、純正のケーブルって想像の倍くらいするんですよ。

非純正のケーブルだと結構ピンキリで、3000円くらいするものから、百均のものまであります。

「こんなのどれでも一緒でしょ~」なんて軽い気持ちで選んでいる方。

ちょっとしたきっかけで大変なことになってしまうかもしれませんよ。

 

 

最初は普通に使える

どんなに安い充電ケーブルを買っても、最初から使えないということは稀です。

それはただの不良品なので、交換してもらいましょう。

まず、高いからいいというわけではありませんが、充電ケーブル絡みの故障で当店(iPhone修理ストア)にご相談に来るお客様のほとんどが、百均の充電ケーブルを使っていた方です。

今回はそんな百均の充電ケーブルでよくあるトラブルをまとめてご紹介します。

 

百均の充電ケーブルのトラブルトップ3

よくある故障事例を3つあげるとするなら、

・ケーブルの端子(先っぽ)が折れて差込口に残ってしまう。

・正常に充電ができなくなる。

・電源が入らなくなる。

以上の3つになります。

一番上の「ケーブルの端子(先っぽ)が折れて差込口に残ってしまう」というものの場合、ちょうどいい道具があれば運よく自力で取れることもありますが、下の二つは最悪です。

特に一番下の「電源が入らなくなる」は、不安定な電力供給が続いたせいで、ロジックボード(基盤)上のチップが壊れてしまい、修理するにはかなりの費用が必要になりますし、最悪復旧不可判定が出ることもあります。

ちなみに端子折れはこんな感じです。

IMG_0190

なんとかしてほじくりだそうとした努力が垣間見えていますね…。

こういうのはだいたい初動でミスをすると取り返しがつかなくなります。

引き返せなくなる前に当店(iPhone修理ストア)までお持ちください。

IMG_0191 IMG_0193

今回の場合、外から引っ張り出すのは不可能でしたので、一度iPhoneを分解して内部から取り出しました。

こうなると費用も通常より多くかかってしまいます。

 

充電ケーブル選びのコツ

激安充電ケーブルの危険さは十分おわかりいただけたかと思いますが、ではどういうものを買えばいいのか?という疑問を解決していきます。

といっても、たった一ヵ所を見ればいいだけなのです。

〇「MFi認証済み」の充電ケーブルを選ぶ

“MFi”とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」のことです。

これは「iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品」という意味で、Apple が定める性能基準を満たしている証、つまりその製品が「Apple公式認定品」であることを示します。

Appleから公式認定を受けるには、厳しい審査の通過と、相応の登録料を支払わなければなりません。

なので購入料金は少し割高になりますが、その分安心して使用できますね。

 

充電ケーブルについてのまとめ

いかがでしたか?

現在も百均の充電ケーブルを使用しているあなた、今すぐ買い替えましょう。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*