iPhoneのデータをバックアップをする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iphoneのデータバックアップ

初期化するしかない状況、電源が入らない故障、パソコンを認識しない故障、、、

こうなってしまうと、iPnoneに入っているデータが取り出せないので、データを復旧することはできません。

「ああ・・・バックアップとっておけばよかった。」

後悔先に立たずです。

ただ、バックアップの取り方がわからないという方が多いかと思います。

当店(iPhone修理ストア)でも多く相談を受けます。

今回は、iTunesとiCloudのバックアップの取り方を動画で説明していきます。

バックアップを取る2つの方法。

<はじめに>

バックアップをとる方法は2つあります。

  • iTunesでバックアップ
  • iCloudでバックアップ

それぞれのバックアップ方法は以下の詳細をご確認下さい。

 

iTunesでバックアップを取る方法

<準備するもの>

バックアップをとりたいiPhoneとインターネットに接続しているパソコンを準備してください。

  • iPhone
  • インターネットに接続しているパソコン

<手順>

実際の作業は↓の動画をご覧ください。
動画を見ながら作業するとスムーズにできると思います。

一応、手順をテキストでも書いておきます。

  1. iTunseを起動する。
  2. iPhoneをパソコンに接続する。
    (はじめて接続するパソコンの場合)このコンピュータを信頼しますか?⇒ 信頼 ⇒ 続けるをクリック
  3. 「iPhoneアイコン」を押す。
  4. 「バックアップ」の中の「このコンピューター」を選択し、右側の「今すぐバックアップ」を押す。
  5. アプリもバックアップをとる方は「Appのバックアップを作成」を押す。
    アプリのバックアップをとらない方は「Appのバックアップを作成しない」を押す。
  6. 「このコンピューターを認証」を押す。
  7. AppleIDとパスワードを入力し「認証」を押す。
  8. 「OK」を押す。
  9. バックアップ完了。

 

iCloudでバックアップを取る方法

 〈準備〉

iCloudでバックアップを取るには条件があります。

  • wi-fiにつながる環境があること
  • iCloudの空き容量が5GB以内であること(無料枠)

※充電器につないでバックアップを取ることを推奨します※

〈手順〉

実際の作業は↓の動画をご覧ください。
動画を見ながら作業するとスムーズにできると思います。

一応、手順をテキストでも書いておきます。

  1. iPhoneをwi-fiにつなぐ。
  2. iCloudにサインインする。(サインインするにはAppleIDとパスワードが必要です)
  3. 「バックアップ」を押す。
  4. 「iCloudバックアップ」をオンにする。
  5. 「今すぐバックアップを作成」を押す。
  6. 画面をロックする。(電源ボタンを1回押す)
  7. しばらくすると完了。

まとめ

消えると困まるデータがあるけど、iPhone容量が多くて消さないといけない。

機種変更したあとの、新しいiPhoneでも撮影した写真やゲームのデータを引き継ぎたい。

急にiPhoneのデータが消えても復活できるようしておきたい。

日頃からバックアップを取っておくことで、↑のような状態に対応することができます。

バックアップ方法はわかったけど、自分でやるのは不安だなぁ、、、という方は

お問い合わせからご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*