iPhoneを利用開始する時に必要な初期設定のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 修正

docomo、au、softbankでiPhoneを購入すれば、初期設定はお店の人がやってくれます。

トラブルや故障もなく、iPhoneを普通に使っている人には初期設定はする必要がないものです。

しかし

  • 中古のiPhoneを購入する
  • iPhoneを初期化する
  • AppleStoreでSIMフリーのiPhoneを購入する

などの場合はiPhoneの初期設定を自分でする必要があります。

当店(iPhone修理ストア)は修理業者ですので、故障やトラブルが原因でiPhoneを初期化する方が来店されます。

中には電話で初期化から初期設定までのやり方をお伝えすることもありました。

iPhoneには説明書が無いので、操作方法が正しいかわからないという不安があって電話で問い合わせたとのことでした。

お客さんとお話ししていると↑の方と同じ不安がある人って結構いるんですよね。

というわけで、今回はiPhoneの初期設定のやり方を紹介したいと思います。

 

iPhoneを初期設定をする2つの方法

今回紹介するiPhoneの初期設定のやり方は

  • 新しいiPhoneとして設定する方法
  • iTunesバックアップから復元して設定する方法

の2つになります。

それぞれの方法を動画で紹介していきます。

新しいiPhoneとして設定する方法

「iPhoneのデータをバックアップしていない」場合はこの方法で設定します。

実際の作業は↓の動画をご覧ください。

動画を見ながら作業するとスムーズにできると思います。

一応、手順をテキストでも書いておきます。

  1. 日本語を押す
  2. 日本を押す
  3. 日本語ローマ字を押す
  4. 「Wi-Fiネットワーク」か「モバイルデータ回線」を使用を選択する
     (動画では「Wi-Fiネットワーク」を選択した場合を紹介)
  5. 「位置情報サービスのオンにする」か「位置情報サービスのオフにする」を選択する
  6. 「新しいiPhoneとして設定」を押す
  7. 「無料のAppleIDを作成」を押す
  8. 「誕生日」を入力
  9. 「名前」を入力
  10. AppleIDに使う「メールアドレス」を入力
  11. AppleIDの「パスワード」を入力
  12. AppleIDの「セキュリティ質問」を入力
  13. レスキューで「メールアドレス」を入力
     (本人確認またはパスワードのリセットに使う)
  14. 「メールで通知」を選択
  15. 利用規約で「同意する」を押す
  16. 「iCloudを使用」か「iCloudを使用しない」を選択する
     (動画ではiCloudを使用するを選択した場合を紹介)
  17. 「iCloud Driveにアップグレード」か「今はしない」を選択する
     (動画では今はしないを使用するを選択した場合を紹介)
  18. 「Touch IDを設定」か「Touch IDを後で設定」を選択する
     (動画ではTouch IDを後で設定を選択した場合を紹介)
  19. 「パスコードを作成」か「パスコードを追加しない」を選択する
     (動画ではパスコードを追加しないを選択した場合を紹介)
  20. 「Siriを使用」か「Siriを使用しない」を選択する
     (動画ではSiriを使用を選択した場合を紹介)
  21. iPhoneの診断を「自動的に送信」か「送信しない」を選択する
     (動画では自動的に送信を選択した場合を紹介)
  22. App解析を「Appデベロッパと共有」か「共有しない」を選択する
     (動画ではAppデベロッパと共有を選択した場合を紹介)
  23. 表示サイズ「標準」か「拡大」を選択する
     (動画では標準を選択した場合を紹介) 
  24. さあ、はじめよう!を押す

 

※補足※softbankの一括設定

softbankのiPhoneには、Wi-Fi、メールを利用するための設定をまとめてやってくれる「一括設定」という機能があります。

「新しいiPhoneとして設定する方法」で設定した後に「一括設定」をやっておくと便利です。

実際の作業は↓の動画をご覧ください。

動画を見ながら作業するとスムーズにできると思います。

一応、手順をテキストでも書いておきます。

  1. Wi-Fi・bluetoothがオフになっているか確認する
  2. safariを開いてブックマークから「ソフトバンクモバイル」を押す
  3. 「メニュー」を押す
  4. 「一括設定」を押す
  5. 「同意して設定開始」を押す
  6. 受信した認証用SMSを開く
  7. メール内の「同意して設定」のリンクを押す
  8. 一括設定の「インストール」を押す
  9. フルネームを入力する
  10. 「完了」を押して設定完了

 

iTunesバックアップから復元して設定する方法

「iPhoneのデータをバックアップしている」場合は、この方法で初期設定すれば、以前のiPhoneで使っていたアプリ、メール、写真などのデータをそのまま使用できます。

実際の作業は↓の動画をご覧ください。

動画を見ながら作業するとスムーズにできると思います。

一応、手順をテキストでも書いておきます。

  1. 日本語を押す
  2. 日本を押す
  3. 日本語ローマ字を押す
  4. 「Wi-Fiネットワーク」か「モバイルデータ回線」を使用を選択する
     (動画では「Wi-Fiネットワーク」を選択した場合を紹介)
  5. 「位置情報サービスのオンにする」か「位置情報サービスのオフにする」を選択する
  6. 「iTunesバックアップから復元」を押す
  7. iTunesを起動しiPhoneをパソコンに接続する
  8. 「このバックアップから復元」のリストから復元するiPhoneを選択する
  9. 「続ける」を押す
  10. アップデートが完了しましたと表示されたら「続ける」を押す
  11. 「iCloudのパスワードを入力する」か「この手順をスキップする」を選択する
  12. 「”iPhoneを探す”を使用」か「”iPhoneを探す”を使用しない」を選択する
  13. iMessageとFaceTimeの使用する部分にチェックを入れる
  14. 「Touch IDを設定」か「Touch IDを後で設定」を選択する
     (動画ではTouch IDを後で設定を選択した場合を紹介)
  15. 「パスコードを作成」か「パスコードを追加しない」を選択する
     (動画ではパスコードを追加しないを選択した場合を紹介)
  16. さあ、はじめよう!を押す

 

まとめ

今回の解説動画をつくったきっかけは

「iPhoneには説明書が無いので、操作方法が正しいかわからない」

という不安があるお客さんからの問い合わせでした。

当店(iPhone修理ストア)に来店されるお客さんをみると、iPhoneについての悩みや不安、故障個所や原因に一定の傾向があります。

iPhoneコンシェルジュは、↑のようなお客さんの”声”を元にして記事や動画をつくっています。

お知らせ

iPhoneコンシェルジュはiphone・ipadの修理専門店が運営するiphone・ipadを使いこなせる情報を発信していくメディアです。

iPhon・iPadについてわからないこと、困ったこと、ちょっと聞いてみたいことがありましたらお問い合わせから連絡くださいね。

あなたの問題の解決をお手伝いをさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*