iPhoneの白ロムとは何か?使い方は?買い方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 白ロム

分割払いが終わっていないiPhoneが故障(破損)してしまった…。
しかも、AppleCareにも保障にも入っていなかった…。

iPhone4sを使っていて機種変更しようと思っている。
でもiPhone6は高いしなぁ…。

そういった場合は価格の安い中古のiPhoneを購入するのも選択肢のひとつ。

中古のiPhoneを探していると「白ロム」という言葉に必ず出会います。
でも白ロムってそもそもなに?よくわからないんだけど…。

当店(iPhone修理ストア)でも、お客様から↑のような質問をされたことがあります。

というわけで今回は、白ロムってなに?安全に使えるの?機種は?きたなくないの?値段は?など、白ロムの基本的な情報を解説します。

白ロムとは?

電話番号、契約情報が記録されていない携帯電話(スマートフォン)を白ロムと言います。

電話番号、契約情報は携帯電話(スマートフォン)に入っているSIMカードに記録されています。

最近では格安SIMなどもありますが、通常だとSIMカードはdocomo、au、softbankなどで契約をしたものになります。

つまり、

  • 電話番号、契約情報が記録さていない(=SIMカードが入っていない)
  • 解約が完了している(端末料金の残金、通話料の滞納が無い)

の状態なら白ロムのiPhoneということになります。

softbankのiPhoneのSIM

白ロムの使いかた

白ロムはたった2つのステップで使えるようになります。

  1. いま使っている端末からSIMカードを抜く
  2. 白ロムのiPhoneにSIMカードを差し込む

動画でもご覧ください。

注意点

docomo、au、softbankは使用しているSIMカードが違います。

SIMカードの種類

  • docomo ⇒ FOMAカード
  • au ⇒ ICカード
  • softbank ⇒ USIMカード

docomoのSIMカードはdocomoで販売されたiPhoneにを差し込まないと利用できません、ということです。(SIMフリー版のiPhoneならどのSIMカードでも利用できます。)

白ロム端末を購入するときは、いま契約しているキャリア(docomo、au、softbank)と同じキャリアの端末を選んでください。(2015年6月現在 ⇒ iPhone6のSIMロック解除なし。2015年発売のiPhoneのSIMフリーのガイドラインは不明です。)

白ロムの使いみち

白ロムを購入するのは↓の理由が多いようです。

機種変更を安く済ませたい

iPhoneは1年ごとに新機種を発売しているし、日本は海外に比べてiPhoneの利用者が多く中古が豊富にあるので、最新よりもひとつ前の機種でも状態の良いiPhoneが簡単に手に入ります。
そういったiPhoneを使えば機種変更を安く済ませることができます。

分割払いが終わっていないけど、故障や紛失でiPhoneが必要になった

分割払いが終わっていない状態で故障、紛失、水没などが理由で機種変更すると、端末代金を二重で支払うことになります。
月々の端末代金の支払い額がとんでもないことになってしまいます。
そんなときは、白ロムを購入していま使っているSIMを差し込めば安く済ませることができます。

月々の利用料金を安くしたい

白ロムのiPhoneに格安SIMを差し込んで利用すれば通話料、通信料をいまよりも安くすることができます。

白ロムを購入する方法

お近くで中古のiPhoneを取り扱っているお店や価格.comなどを使って通販で購入できます。

価格.comなら機種・製品状態・中古価格が一覧で見れて便利です。

白ロムの注意点(赤ロム)

使い勝手のよい白ロムですが注意点があります。

前の持ち主が、端末料金の分割払い、通話料の支払いを滞らせている場合があります。
この端末は通信規制がかかり、使えなくなってしまいます。
こういった端末を”白ロム”に対して”赤ロム”と言います。

赤ロムの見分けかた

お店によっては、販売している端末が白ロムなのか赤ロムなのかを把握していないこともあるようです。
そんなときは「IMEI番号」を使って自分の目で端末の状態を確認しましょう。

確認方法

上記サイトにアクセスし「IMEI番号」を入力すると判定がでます。

iPhoneのIMEI番号

iPhoneのIMEI番号が書いてある場所

 

〇表示がでたら白ロム。
iPhoneの分割支払が終わっているため、安心して利用できます。
 
△表示がでたら赤ロムになる可能性がある白ロム。
iPhoneの分割支払が残っているため、前の持ち主の支払いが滞ると利用できなくなります。
 
×表示がでたら赤ロム。
iPhoneの分割支払が滞っていますので利用できません。
(×の場合でも、wi-fiのみでしたら使用可能です。)
 

通販で白ロムを購入する場合は「製品製造番号」(=IMEI番号)を↑のサイトに入力して確認しましょう。

iPhone 白ロム 価格コム

価格.comの白ロム販売ページのキャプチャ


まとめ

最近は格安SIMが充実してきて、これからますます中古のiPhoneが注目されることが予想されます。

白ロムを使えば料金が安くできたり、故障、紛失、水没のトラブルにも素早く対応できます。
 
購入するときは↑の内容を参考にしていだければ幸いです。
(赤ロムにはくれぐれもお気を付けください。)

お知らせ

iPhoneコンシェルジュはiphone・ipadの修理専門店が運営するiphone・ipadを使いこなせる情報を発信していくメディアです。

iPhon・iPadについてわからないこと、困ったこと、ちょっと聞いてみたいことがありましたらお問い合わせから連絡くださいね。

あなたの問題の解決をお手伝いをさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*