iPhoneのバッテリー交換時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当店では、一番お問い合わせを頂くのがバッテリー交換です。

ここしばらくは、iPhone7やiPhone6sのお問い合わせをいただいていたのですが、最近では、iPhone8やiPhone X、XSも多く、中には11シリーズのお問い合わせもよくあります。

・最近、バッテリーの減りが早い。
・残量が80%くらいあったのに、気がつくと20%くらいまで落ちていた・・・。
・充電するとすごく熱くなる。
・バッテリー残量があるのに電源が落ちる。
などがよくお問い合わせをいただきます。

iPhoneのバッテリーの状態の確認方法

ご存知の方も多いかと思いますが、iPhoneではiOS11以降のバージョンですとバッテリーの状態を確認することができます。

F0C28484-D3F1-4E6A-9163-25B9888312E6_1_105_c ⇒ 19B75E6C-6121-4577-B381-FB49AC3CD56C_1_105_c ⇒ E50D28D7-765F-490E-B8EA-91350A6494B3_1_105_c

設定のアプリから、「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」をチェックします。

最大容量が、80%以下は要交換。
80%〜89%はそろそろ交換。
という目安でしょうか。

バッテリー劣化の事例

最近の事例ですと、iPhone8ですが、バッテリーの残量が急激に減るというご相談を受けました。
そこで、そのiPhone8のバッテリーの状態をチェックすると、「バッテリーの状態」のところが「サービス」と表示されています。
バッテリー交換前
これは、「バッテリーが劣化しています。早く交換してください!」というメッセージです。
さらに下の方に行くと、バッテリーの減り方のグラフがあります。
バッテリー交換前の曲線
グラフが急降下しています。これでバッテリーの減りが早いのわかります。
さらに、バッテリーの状態をタップして確認すると
バッテリー交換前の状態
一番上に、「バッテリーが著しく劣化しています・・・」と表示されています。
最大容量自体は、89%とまだ交換の目安には至っていませんが、この「著しく劣化しています」という表示が出ている以上、早めのバッテリー交換が必要です。

iPhoneのバッテリーの交換は、ほとんどの機種では10分ほどで作業が完了します。
データが消えることもなく、設定が変わることもなく作業ができます。

ちなみに、バッテリー交換後の表示は、バッテリーの最大容量が100%になります。
バッテリー交換後の状態
先ほどまで表示されていた「著しく劣化しています」という表示も消えています。

※iPhone XR、XS以降の機種では、正規店以外でのバッテリー交換すると最大容量の表示がされなくなります。

バッテリーの消耗が早い時はバッテリー交換をオススメ

iPhoneのバッテリーの減りが早い、最近すぐ熱くなる、バッテリー残量があるので電源が落ちるなどががありましたら、バッテリー交換で改善できるかもしれません!ぜひご相談ください。

あと、画面が浮き上がっていたりするのは、バッテリーが膨張している可能性があります。
何よりも早めにバッテリー交換をオススメします!

 

iPhone修理ストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*