iPhoneについて

SIMロック解除方法

iPhoneのsimロック解除

今では、もう珍しくない格安SIM。
楽天モバイルやLINEモバイル、UQにYmobileなど、携帯の月額料金の安いプランが続々と出てきています。
また、音楽を聞く様にとかゲーム用になどiPhoneの使い方にも様々なニーズがあり多様化されています。

月額料金を安くしたい・・・
子供との連絡手段に新しく携帯を買わないといけない・・・
そんな時、携帯端末を買わなくても、使っていない古いiPhoneを活用するのも一つの手ですし、中古のiPhoneを購入するのも一つ!また、機種変更して古いiPhoneを活用することもできます。
iPhoneのSIMロックを解除すれば、どこのキャリアも使えますのでSIMだけ手配すればOK!
各キャリアの月額料金を比較し、自分にあったプランを選べます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

iPhoneが使用できません・・・

iPhoneのパスコードを忘れてしまった・・・。

子供がいじって・・・

さっきパスコードを変えたの忘れた・・・

いつも指紋認証やFace IDでパスコード入力することがなかったから・・・

などなど、iPhoneの画面を開くときのパスコードを繰り返し間違えるとロックがかかってしまいます。

最初は1分。5分間、15分間、1時間と間違えるたびに操作できない時間が長くなっていきます。

計11回間違えると、「iPhoneを使用できません」と表示され、パソコンで初期化しないと使用できなくなります。

これです。

パスロック1

初期化をすれば、当然ながらデータが全て消えてしまいます。

バックアップをとっていれば復元できますが、バックアップをとっていなければデータが全て失われます。

自分はそんな事はしない・・・など思わずに、念の為バックアップは定期的にとっておきましょう。万が一の自動車保険と一緒です。

パスコードロックがかかった時の初期化の仕方

iPhoneのパスコードロックがかかってしまったら、パソコンで初期化をするしかありません。

パソコンをお持ちでない方は、友人、知人、会社のパソコンで行ってください。

WindowsであればiTunesを立ち上げてから。MacであればFinderからできます。

パソコンに繋いで強制再起動

パスコードロックがかかった状態でパソコンに繋いでも何も反応してくれません。

パソコンに繋いだら強制再起動を行います。

強制再起動のやり方は機種によって異なります。

今回はiPhone8以降の機種(iPhoneX、XS、XR、11、12)をざっくりご案内します。

操作ボタンは、音量ボタンとスリープボタンだけ

パソコンに繋いだら、

①音量ボタンの+をポチッと1回

パスロック2

②次に、音量ボタンの−をポチッと1回

パスロック3

③次に、スリープボタンをギューっと長押し

パスロック5

「スライドで電源をオフ」という表示が出ても無視してスリープボタンを押し続けます。

パスロック6

画面が消えてもずっとスリープボタンを押し続けます

パスロック7

リンゴのマークが出てきてもスリープボタンをまだまだ押し続けます。

パスロック8

パソコンに繋ぐみたいなマークが出てきたら、スリープボタンを離します。

パスロック9

これでiPhoneの操作はOKです。

あとはパソコンでの操作となります。

パソコンでの操作【Mac編】

別にMacでなくてもほぼ同じなのですが、Macでやったので一応Mac編ということでお願いします。

先程のiPhoneにパソコンに繋ぐマークが出るとパソコンが反応してくれます。

パスロック10

アップデート(更新)しますか?復元しますか?みたいな感じになります。

パスコードロックは初期化しないと行けないので、ここで「復元」をクリックします。

次に、

パスロック11

「復元とアップデート」をクリック

すると、

パスロック12

同意します。

同意すると、下にバーが表示され、ダウンロード中〜%みたいな表示がされます。

あとはほっておけば完了します。

 

iPhoneが「こんにちは」と話しかけてきますので、日本語の初期設定から行ってください。

もし、バックアップをとっていたか記憶が定かではない方は、初期設定の際に表示される「iCloudから復元」を選択してください。

運が良ければ、いつかのバックアップデータを復元できるかもしれません!

注意事項

パソコンは、きちんとWi-Fiなり有線なり通信環境を整えてから行うこと。

「iPhoneを探す」がオンになっていたら、初期設定を進めていくと「アクティベーションロックがかかっています」と表示されます。

その際は、Apple IDとパスワードを入力すれば大丈夫です。

もし万が一Apple IDのパスワードが分からないとなると、そのiPhoneが使えません。

その際は、Apple IDのパスワードを再設定するか、Appleサポート(0120−277−535)にお電話してください。

最後に

パスコードは、メモっておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クイックスタート(データ移行)

iPhoneのデータ移行は簡単にできます!

バックアップは不要

「データ移行はしてくれますか?」と、店頭でよく聞かれます。
「してますけど、ご自身で簡単にできますよ!」と答えると、
決まって、「やり方が分からない」「バックアップのやり方が分からない」と返ってきます。
「最近のiPhoneはバックアップをしなくてもデータ移行できますよ!」と言っても、なんとなく不審者を見るような
眼差してみられます。
「面倒くさくてやりたくないんだろ!」と言われる始末。
「全然やりますよ!でも、料金がかかりますけど良いですか?」良いと言われれば、有難うございます!って感じです。

クイックスタートとは

iOS12.4以降では、ブルートゥースで古いiPhoneから新しいiPhoneに直接データ移行ができるため、
パソコンがなくても、iCloudにバックアップをとっていなくても、データ移行ができます。
Wi-Fiが使えて、ブルートゥース使えて、古いiPhoneのカメラ使えて、画面のタッチ操作ができれば大丈夫です。
ただ、公共のWi-Fiは良くないかもしれません。テザリングではできました。
新しいiPhoneを古いiPhoneに近づけて、あとは言われるがままに操作をするだけす。

クイックスタートのやり方

  1. 古いiPhoneの近くに、新しいiPhoneを置きます。
     すると、古いiPhoneに「新しいiPhoneを設定」とポップアップされて表示されます。
     ※もし表示されない場合は、新しいiPhoneの初期設定を進めていくと、「クイックスタート」って出てきます。
      すると、古いiPhoneにポップアップされます。もしくは「iPhoneから直接転送」を選択すると出てきます。
  2. 新しいiPhoneにモヤモヤしたのが表示されます。同時に古いiPhoneに丸い円が表示されますので、その中にモヤモヤを入れます。
  3. 読み込まれると、「FaceID」「パスコード」の設定を求められます。パスコードは忘れることがあるのでメモっておきましょう。
  4. AppleIDのパスワードを求められます。大文字、小文字、数字の混ざったやつです。アプリを購入する際に入れるやつです。
     最近は指紋認証やFace IDなどで簡単に購入できますので、忘れがちですが大事です。
  5. 利用規約に同意した後、言われるがママに設定していきます。一通り完了すると、データ移行が始まります。
  6. データ移行時間は、データ量によって異なります。長いときは2時間とかもあります・・・
  7. データ移行が完了すると、新しいiPhoneは再起動します。あとは言われるがままに操作をしていき、アプリデータがダウンロードされるのを待つだけです。

Youtube動画でもみれます。

 

確認・注意事項

  • iOSが12.4以降です。また、新しいiPhoneが古いiPhoneよりiOSが古いとアップデートする必要があります。
  • Wi-Fiが、ショッピングセンターなど公共のものだと初期設定ができない可能性が高いです。
  • 新しいiPhoneの容量が、古いiPhoneの容量より大きくないとできません。
    ・古いiPhoneの容量は、設定アプリの「一般」→「情報」から「容量」をみれます。
     また、設定アプリの「一般」→「iPhoneストレージ」をチェックして使用している容量も確認できます。
     使用している容量より大きい容量のiPhoneにしましょう。

LINEについて

LINEの引き継ぎについては、クイックスタートの場合データ移行が終わってからでもできます。
ですが、引き継ぎは必ずしないといけません。

  1. 古いiPhoneのLineを開き、ホームの右上にある歯車マークをタップ
  2. アカウント引き継ぎをタップ
  3. アカウント引き継ぐをオンに。36時間に以内引き継がないといけません。

また、新しいiPhoneでログイン後、アカウントのパスワードを求められれますので、事前にパスワードを確認しておきましょう。

最後に

クイックスタートによるデータ移行は非常に簡単です。
また、古いiPhoneにデータが残っているあ限り、何度でもやり直しができます。
アプリによって操作が異なる場合があるかもしれませんが、大体うまくいくはずです。
ぜひチャレンジしてみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

iPhoneのバッテリー交換時期

当店では、一番お問い合わせを頂くのがバッテリー交換です。

ここしばらくは、iPhone7やiPhone6sのお問い合わせをいただいていたのですが、最近では、iPhone8やiPhone X、XSも多く、中には11シリーズのお問い合わせもよくあります。

・最近、バッテリーの減りが早い。
・残量が80%くらいあったのに、気がつくと20%くらいまで落ちていた・・・。
・充電するとすごく熱くなる。
・バッテリー残量があるのに電源が落ちる。
などがよくお問い合わせをいただきます。

iPhoneのバッテリーの状態の確認方法

ご存知の方も多いかと思いますが、iPhoneではiOS11以降のバージョンですとバッテリーの状態を確認することができます。

F0C28484-D3F1-4E6A-9163-25B9888312E6_1_105_c ⇒ 19B75E6C-6121-4577-B381-FB49AC3CD56C_1_105_c ⇒ E50D28D7-765F-490E-B8EA-91350A6494B3_1_105_c

設定のアプリから、「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」をチェックします。

最大容量が、80%以下は要交換。
80%〜89%はそろそろ交換。
という目安でしょうか。

バッテリー劣化の事例

最近の事例ですと、iPhone8ですが、バッテリーの残量が急激に減るというご相談を受けました。
そこで、そのiPhone8のバッテリーの状態をチェックすると、「バッテリーの状態」のところが「サービス」と表示されています。
バッテリー交換前
これは、「バッテリーが劣化しています。早く交換してください!」というメッセージです。
さらに下の方に行くと、バッテリーの減り方のグラフがあります。
バッテリー交換前の曲線
グラフが急降下しています。これでバッテリーの減りが早いのわかります。
さらに、バッテリーの状態をタップして確認すると
バッテリー交換前の状態
一番上に、「バッテリーが著しく劣化しています・・・」と表示されています。
最大容量自体は、89%とまだ交換の目安には至っていませんが、この「著しく劣化しています」という表示が出ている以上、早めのバッテリー交換が必要です。

iPhoneのバッテリーの交換は、ほとんどの機種では10分ほどで作業が完了します。
データが消えることもなく、設定が変わることもなく作業ができます。

ちなみに、バッテリー交換後の表示は、バッテリーの最大容量が100%になります。
バッテリー交換後の状態
先ほどまで表示されていた「著しく劣化しています」という表示も消えています。

※iPhone XR、XS以降の機種では、正規店以外でのバッテリー交換すると最大容量の表示がされなくなります。

バッテリーの消耗が早い時はバッテリー交換をオススメ

iPhoneのバッテリーの減りが早い、最近すぐ熱くなる、バッテリー残量があるので電源が落ちるなどががありましたら、バッテリー交換で改善できるかもしれません!ぜひご相談ください。

あと、画面が浮き上がっていたりするのは、バッテリーが膨張している可能性があります。
何よりも早めにバッテリー交換をオススメします!

 

iPhone修理ストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

iTunesのマークが表示されたときの対処方法

皆さん、突然自分や身近な人のiPhoneが、こんな画面になったことはありませんか?

なったことのある方なら分かると思いますが、何も操作ができなくなるので非常に怖いですし、不安になりますよね…

これは『リカバリーモード』というもので「iTunesに繋げ!」というマークです。

パソコンにつなぎiTunesを起動させると『リカバリーモード』が起動し初期化がされます。

初期化を実行すると、文字通り初期状態に戻りますので、

 

データが全て消去されてしまいます。

 

そんなの困りますよね。

いきなりデータ全消しですなんて言われても…

バックアップ取ってないし・・・

パソコン持っていないし・・・

 

しかしまだ諦めるのは早いです!

実はこの『リカバリーモード』は、iTunesで作業する際にひとつ気をつけることでデータを消さずに復旧させられる可能性があります。

 

今回はやり方を動画にしてみましたので、こちらを見ていきましょう。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

画像保存~Googleフォト編~

iPhoneで写真を撮影しようとしたら
 「写真を撮影できません」
 と画面に表示されることがありますね。
 写真を撮影するのに必要な空き容量が無いとiPhoneが教えてくれるわけです。
 
というくだりから、以前にも画像をパソコンに保存する方法をご案内したことがありました。
 
 
そろそろiPhoneの新機種発表会(9/12でしかたね・・・)もあり、機種変更を考える方が増えるころかなと思います。
 
当店(iPhone修理ストア)のお客差からも、直そうか、新機種が発売されるまで粘ろうか・・・
悩まれる方が増えてきました。
 
そう、そこで機種変更の際に、今まで撮った画像をそのまま新しいiPhoneに移してしまうと、新しいiPhoneを使い始める瞬間に保存容量が減ってしまい、あまり写真を撮れずどーしたら
良いか分からないというご質問を受けることが意外と多くあります。
 
容量に空きをつくるためにどの画像を削除しようか・・・
コレは大事!コレも大事!!などなど、結局削除出来ずじまいになってしまうのがオチといったところでしょうか(笑)
 
パソコンがあればパソコンに。iCloudの容量があればiCloudに。
 
しかし、いずれも出来ない方にご案内したいのが『Googleフォト』
 
というわけで、今回はそんな方たちのために『Googleフォト』の使い方を動画で紹介したいと思います。
 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0