LINE引き継ぎ方法~iCloud編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「iPhoneが壊れた。電源が入らない、バックアップを取っていない・・・うぅぅぅぅぅぅデータが消えてしまう_| ̄|○」

「機種変更はしたはいいものの、データを引き継げない・・・やり方が分からない・・・」

 

今では、友達とのコミュニケーションツールだけだなく、ビジネスに使われたり、連絡業務に使われたり、上司と部下のコミュニケーションツールとしてまで使われている“Line”。

購入スタンプやトーク履歴、写真等は、消えては困るデータNo.1!

当店に修理で来店されるほとんどの方は、「Lineのデータは消えませんか?」という質問を受けます。

もちろん、当店での修理ではデータは消えませんが、元も子もない故障?破損?破壊?もあります。

そんな事件が起こっても安心していられるように、バックアップデータをとっておきましょう。

 

そこで今回は、故障でとか2年縛り解除とか新しいiPhoneが出たからとか(今年はiPhone8出るのかな~)の機種変更の際に、LINEのトークを引き継ぐ方法をご紹介します。

iCloudを利用してLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法

〈準備〉

 ・今回ご紹介させて頂くのは、Lineバージョン6.4.0以上です。

 ▼確認方法

 ・Lineを開く → 右下の「●●●」をクリック → 右上の歯車をクリック → 

  一番下のLineについてをクリック

  そこに書いてある「現在のバージョン」が6.4.0以上であれば大丈夫です。

 

〈引き継ぎ方法〉

 ・まずは動画をどうぞ。

 

 まずは、

 1.iCloudにサインイン

 2.Lineを開く。

   ・右下の「●●●」をクリック → 右上の歯車をクリック

 3.真ん中あたりにある「トーク」をクリック

 4.トークをバックアップをクリック

 5.今すぐバックアップをクリック

 まずはコレでトークのバックアップはOK。意外と簡単です。

 大事なトークの後は、心掛けた方がいいかもですね。

 

 6.前の設定画面に戻り、アカウント引き継ぎ設定をクリック

 7.右にスライドすると引き継ぎできます。ただし、有効期間は24時間。

   24時間を超える場合は、またやり直しです。

 

 

また、バックアップの方法は、コチラのページをどうぞ

【iCloud】iPhoneのバックアップ「iOS10.3.2」

 

 

 

今回はiCloudを使う引き継ぎ方でした。

iTunesを使ってバックアップをする場合、今回の作業は必要ありません・・・が、

必ず暗号化してバックアップしてあげないと、引き継ぎ情報が含まれません!

この時、“ライブラリに入ってないAppが見つかりました。”

みたいなメッセージが表示されたら、Appのバックアップを作成をクリックです^^

 

 

 

お知らせ

iPhoneコンシェルジュはiphone・ipadの修理専門店が運営するiphone・ipadを使いこなせる情報を発信していくメディアです。

iPhon・iPadについてわからないこと、困ったこと、ちょっと聞いてみたいことがありましたらお問い合わせから連絡くださいね。

あなたの問題の解決をお手伝いをさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*